秋田県横手市の鍼灸院 / 肩こり・頭痛・腰痛・坐骨神経痛・膝痛

その他の症例

症例1 捻挫後足首に残った違和感

小学校低学年

 

2017年12月来院

 

【症状】

1ヶ月くらい前に左足を挫いて近所の整骨院を受診。裂離骨折の疑いがあるとしてギプス固定を施される。数週間後治癒したとの診断を受ける。歩いたり走ったりの動作は何ともないが、くるぶしの下側を押すと痛みがあり気になっている。

母親が当院を受診したことがあり、両親に連れられて来院。

 

【治療内容と経過】

動作に問題は無いがくるぶしの下側を押すと痛みが出て気になるということはくるぶし周辺に筋の異常な緊張が残っていると考えた。足を挫いた際にくるぶし上の筋肉(腓骨筋)が緊張していると考え触ってみると右よりも左の方に緊張が見られた。腕のツボを使って腓骨筋を緩めるとくるぶし下を押しての痛みはなくなった。その他の部分への影響を取るために活法で腰回りを調整し、治療を終了した。

1ヶ月後、両親からその後全く不調無く過ごしているとの報告を受けた。

 

【主に使用したツボ・活法】

鈎笠L、腰椎回旋導引、骨盤回し

 

【考察】

足を挫いた際には足首だけでなく、突然崩れた体のバランスを維持しようとして全身色々なところに緊張が生まれる。患部の痛みがなくなったとしても、全身の余分な緊張が全て無くなるわけではない。この状態を放置しておくとケガの再発にもつながるため、足首だけの問題と考えず、患者本人も気づいていない全身のバランスの崩れを考慮して治療を進めていくことが大事である。

  • 0182-36-6036
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2019年10月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【秋田県】
    横手市 湯沢市 大仙市 美郷町 羽後町 秋田市

    【岩手県】
    西和賀町

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り