秋田県横手市の鍼灸院 / 肩こり・腰痛・五十肩・坐骨神経痛

効果が分かりやすい治療

見えづらい治療効果を見えるように

一般的にはり治療の効果は分かりづらいと言われています。

はり治療にも色々と流派があるので一概には言えませんが「長い目で見て治療する必要があります」「根本的に治すには時間がかかります」と説明を受けるものの、良くなったような気がするけどよく分からないまま通い続けいつの間にかよくなるということが多いようです。

脈の変化や気が流れるなど術者のみで患者には分かりにくいものを判断基準にしているからかもしれません。

 

よこて鍼灸院では術者にも患者にも分かりやすい治療効果の指標として「動き」に注目しています。

 

動きであれば前屈して地面につかなかった手がつくようになったり、腕が高く上がるようになったりと体に変化が起こったかどうかがハッキリと分かります。

動けるかどうかが一番の基準

動きの変化を判断基準にすると言っても、痛みや痺れなどの症状が軽くならないと納得できないかもしれませんが、そこは心配ありません。

当院で採用している鍼灸技術「整動鍼」では動きやすくすることで痛みや痺れなどの症状が同時に改善していくことが分かっています。動きやすくするために整動鍼で行っていることは非常にシンプルです。異常に固くなっている筋肉を緩めることです。

筋肉には一般に知られている作用の他に、筋肉の中に存在するポイント同士の引っ張り合いによって 動きのバランスを取る「連動」と呼ばれる作用があり、そのポイントのことを整動鍼では「ツボ」と呼んでいます。

原因となっているツボが何らかの理由で異常に固くなってくると連動している別の場所のツボも引っ張られて固くなり、動きにくさや痛みなどの症状を引き起こします。

症状の原因となるツボをはりで緩めることで動きやすくなり痛みなどの症状も軽くなっていくわけです。

 

以下の動画で分かりやすく説明されていますので是非ご覧下さい。

 

 

鍼は多い方がいいのか?少ない方がいいのか?

連動は脳で処理されており、連動の狂いが症状の原因であるとも言えます。はりによって連動を狂わせている緊張を取り除くと脳が体の動きを調整して動きやすい状態が定着します。この自己調整は3日ほどかかります。治療した何日か後に症状が大きく変化することがあるのはこのためです。

当然のことですが自己調整は施術による体の変化の量が大きければしっかりと働きます。患者側の実感が少なくても、ツボの変化がしっかりと出ていれば後で大きく変化することが多いです。

はり1本でも体は確実に変化し自己調整が始まります。変化するポイントが数カ所と少なければ脳も処理は楽ですが、体の変化するポイントが多過ぎると脳も自己調整の処理に困ります。つまり刺す鍼の本数が増えると自己調整が働きにくくなり、施術後のよい状態も定着しづらいということです。

鍼の本数は必要最小限にした方がその効果を最大限に生かせます。

そのため、よこて鍼灸院では少ない場合だと1~3本、多くても7~10本程度に止めるようにしています。

整動鍼とその源流である活法

当院で採用している鍼灸技術「整動鍼」は古武術の裏技として伝えられてきた治療技術である「活法」に発想のヒントを得ています。

当院では「活法」も必要に応じて治療の中で使っています。

  • 0182-36-6036
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2018年7月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【秋田県】
    横手市 湯沢市 大仙市 美郷町 羽後町 秋田市

    【岩手県】
    西和賀町

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り