秋田県横手市の鍼灸院 / 肩こり・頭痛・腰痛・坐骨神経痛・膝痛

ソフトな刺激の治療

鍼(はり)治療に使う「はり」

「はり」と聞くと多くの人は「痛いもの」「怖いもの」というイメージを持っているようです。これはおそらく注射針や裁縫の針をイメージしているからで、病院で打った痛い注射や裁縫で誤って指に刺して痛い思いをした記憶がそうしたイメージを作り上げているのだと思います。

しかし、はり治療で使う鍼は注射針や裁縫の針とは全く違います。

はり治療の鍼は細い

注射針は種類にもよりますが直径0.4mm~1.6mm、裁縫の針は直径0.4mm~1.0mmのものが一般的です。

注射針は管になっていて中から薬を送ったり血を抜き取ったりするパイプの役割をしています。裁縫の針は布を突き通しても曲がったり折れたりしないだけの強度が必要です。どちらもある程度太くないといけない事情があるのです。

 

一方、はり治療で使う鍼は直径0.1mm~0.24mmのものが一般的で、よこて鍼灸院では0.16mmの鍼を多く使っています。

身近なものでたとえるなら髪の毛くらいの細さ、あるいは蚊の吸い口くらいの細さです。

鍼は折れたりしない

はり治療の鍼は人体に刺します。元々生きた人体は柔らかいものですから固いものを突き通すような鍼の強度はなくても大丈夫です。細い鍼を使っても刺さらないということはありません。鍼を実際に触ってみると分かりますが、鍼は細い上に軟らかく、しなるような弾力があります。この弾力があるために、体内で多少曲がることはあっても折れて体内に鍼が残るということはまずありません。

痛みを減らす「鍼管」

日本人は昔から痛みに強くない民族であるらしく、刺す時の痛みを減らす鍼管(しんかん)という道具が発明されました。そのため無痛ではないもののほとんど刺す時の痛みはありません。背中や腰などだと刺しても気づかないこともあります。

鍼という道具を生かす「技術」

鍼(はり)は元々中国で生まれた道具で、傷に溜まった膿を切開して出すための道具が発展したものと考えられています。その後色々と研究され、ツボに鍼をすることで体に様々な効果をもたらすことが分かっています。

 

 

 

  • 0182-36-6036
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2018年9月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【秋田県】
    横手市 湯沢市 大仙市 美郷町 羽後町 秋田市

    【岩手県】
    西和賀町

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り