秋田県横手市の鍼灸院 / 肩こり・頭痛・腰痛・坐骨神経痛・膝痛

股関節痛の症例

 

すべての症例を掲載することが難しいため、一部を紹介します。

 

症例4

40代男性

 

2017年5月来院

 

【症状】
2週間前ジョギング後に左臀部に痛みがあった。筋肉痛だと思ってほおっておいたが一向に変化がない。動いていると痛みは和らぐので仕事にあまり支障はないが痛みが気になるので運動は控えている。本人の認識としては痛みが出る動きははっきりしないが座った状態から立とうとした時、体を前に倒した時などにお尻に痛みが出る。今までに経験の無い状態なので不安に感じ知り合いの紹介で来院。
20代前半から3回ほどぎっくり腰になってから腰の痛みは毎日あり、とくにうがいの時などのかがむ姿勢が痛い。一昨年に左股関節のストレッチをした際、グキッとなって開脚ができなくなったが今は落ち着いている。

【治療内容と経過】
過去の負傷歴などから腰痛がベースにあり股関節の問題もあると考えた。活法で腰全体を調整し、足のツボでお尻の筋肉を緩めると前屈はしやすくなった。股関節と太もも裏の筋肉を調整すると深く前屈するまで痛みは出ない状態になったので初診を終えた。
2診目。股関節の動きを細かく見ていくと仰向けに寝て膝を立て外に開く動きが悪い状態であった。活法で調整するとお尻の痛みが大きく減った。
3診目。お尻の痛みはあまり生活でも気にならなくなったということで腰の調整をし、かがむ動きをよくするために足のツボに鍼を刺すと腰が軽く動きやすくなったので治療を終えた。

 

【主に使用したツボ、活法】
腰痛3手、坐骨上げ、股関節の導引、キュウ路L

 

【考察】
自身の経験したことのない痛みが長く続くと不安なものである。しかしそうした症状の裏には原因となる過去の負傷であったり体の不調が潜んでいることが多い。股関節の問題はお尻の奥に出ている場合、患者自身が股関節の問題とは認識できないことが多い。専門的な視点で早めに原因を見つけることが患者さんの安心につながり、回復につながっていくので、原因を見つけることは特に大切にしている。

 

症例3

50代男性

 

2016年11月来院

 

【症状】
1ヶ月前、左のお尻の上側がチカチカと痛み出し、1日3回くらい出ていたが自然と症状は減っていった。
事務仕事で座っていることが多いが、来院前日の昼くらいから左の股関節に痛みが出始め、徐々に歩くのが辛くなる。夜に以前処方された痛み止めを飲んで、朝には症状が軽くなったが歩くと痛みが出る。
インターネットで調べて来院。

【治療内容と経過】
実際に歩いてもらうと股関節をぐるりと取り巻くように痛みが出る。活法で股関節の調整をすると側面の痛みだけが残った。膝のツボを使うと側面の痛みは消え、左脚に体重を乗せた時の違和感だけになる。ふくらはぎと足のツボで調整すると違和感は減った。状態を安定させるため活法で首から股関節の調整をして治療を終えた。1回で終了。

 

【使用した主なツボ、活法】
股関節抜き、膝陽関、豊隆、くらげ

 

【考察】
股関節の問題は歩行に大きく関わるが、歩くことだけが股関節に問題を発生させるわけではない。体の連動を考えると、長く座る、手を使うことによる首や肩への疲労なども股関節に関わってくる。症状や動きをしっかり捉えることが大切である。

 

症例2

30代男性

 

2016年8月来院

 

【症状】
来院3日前に道路の段差で右足首を捻って手をついて転び、左足の親指爪横の皮がむけ、足を気にしながら歩くようになる。来院2日前の合気道の稽古後から左の股関節に違和感。来院前日は花火大会に行き、重い荷物を背負って2時間ほど歩いたら左の股関節と仙腸関節に痛みが出る。上体をどの方向に動かしても軽く鈍い痛みがある。仰向けで膝を立て外に倒すと股関節に引っかかりを感じる。歩いたり左側に体重をかけると痛みがある。

【施術内容と経過】
転んだ際の衝撃で股関節と仙腸関節の動きに問題が生じ、その状態で長時間歩いたことが関節の動きの不調和を招いたと考えた。股関節に関係するツボに鍼をすると引っかかりがなくなり、動きも軽くなった。仙腸関節を調整するために肩に鍼をすると歩いての痛みが大きく減った。股関節に残った違和感を足のツボでとると症状はほぼ感じなくなった。1回で終了。
1週間後の時点で特に異常はないとのこと。

 

【主に使用したツボ】
膝陽関、肩稜、築賓

 

【考察】
股関節、仙腸関節は体の中心に近く、体の色んな場所からの影響を受けやすい。特に歩く場合は地面から突き上げられる力を受けているので関節がしっかりそれを吸収できる状態になっている必要がある。体の動きに問題を抱えての運動はそれをカバーしようとすることで新たな問題を生むが対応が早ければ解決も早い。

 

症例1

40代女性

 

2016年3月来院

 

【症状】
2週間くらい前から清掃の仕事で中腰にしたり体を起こしたりを繰り返していて徐々に両方のそけい部と股関節の奥が病む。立って動かしていてもつらいが動かしたときより黙って座っている方がつらい。グラグラ感がある。太もも裏側にも痛みが広がっている。先天性股関節脱臼があり、左より右の股関節が開いていると言われている。

【治療内容と経過】
下半身のバランスが崩れて股関節に負担がかかっていると考えた。活法で腰椎、股関節、足裏までのバランスを整えていくと痛みは半分くらいに減った。2回目も同様の治療で痛みはほぼなくなった。

 

【使用した主なツボ、活法】
仙骨上げ、揺り戻し、股関節抜き、内転筋の導引、側軸通し、縦折り、横折り

 

【考察】
先天性の変形があったとしても、その変形なりのバランスの取れた体の位置があり、そのバランスを作ってあげることが痛みの改善につながる。股関節は腰や膝、足からの影響を受けやすいので下半身全体を注意深く観察するようにしている。

  • 0182-36-6036
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2018年11月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【秋田県】
    横手市 湯沢市 大仙市 美郷町 羽後町 秋田市

    【岩手県】
    西和賀町

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り