秋田県横手市の鍼灸院 / 肩こり・頭痛・腰痛・坐骨神経痛・膝痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛はいわゆる坐骨神経の流れに沿って出る痛みや痺れなどの症状全般を言います。具体出来にはお尻から脚、足の指までの範囲に出る症状で、その範囲全体に出ることもあれば部分的に出ることもあります。

 

原因

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変形性腰椎症、梨状筋症候群などが主な原因と考えられています。

 

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは腰椎への強い衝撃や継続的な負荷、加齢などにより椎間板がすり減り、中の成分が外に飛び出ている状態。この飛び出たものが神経に触ることで痛みや痺れが出ると言われている。

 

脊柱管狭窄症

加齢などにより脊柱管が狭くなり中を通っている脊髄が圧迫されている状態。脊髄の圧迫が痛みや痺れを出すと考えられている。間欠性跛行がみられる。

 

腰椎すべり症

怪我や加齢などで椎骨が割れ(腰椎分離症)、それが前後にずれて脊髄に触れて痛みや痺れが出ると言われている。

 

変形性腰椎症

加齢などにより腰椎が変形して突起ができ脊髄に触れて痛みや痺れが出ると言われている。

 

梨状筋症候群

お尻にある筋肉(梨状筋)が硬くなることで坐骨神経を圧迫し痛みや痺れが出ると言われている。

 

 

病院を受診すると

病院(整形外科)ではレントゲン写真を撮って腰椎に問題がないかをチェックしてくれます。骨に異常が見られれば(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変形性関節症など)、その進行具合によって手術する、痛み止めやブロック注射などで痛みを減らして経過をみるなどの方法が取られます。

「骨に異常はない」となると梨状筋症候群が疑われます。梨状筋症候群なら筋肉を柔らかくする薬や痛み止めや湿布などで痛みを減らす方法が取られます。

どの方法を取っても治る人と治らない人がいます。腰痛や坐骨神経痛は大半が医学的に原因不明と言われています。原因がわからないので病院では痛みを減らして様子を見る対処療法が最終手段です。

 

 

鍼灸院での坐骨神経痛治療

鍼灸治療では坐骨神経痛の原因を次のように考えています。

梨状筋の問題

腰椎の問題

股関節の問題

坐骨神経の走行周辺の脚の筋肉の固さ

 

梨状筋の問題

坐骨神経痛では最も大事な部分と捉えています。坐骨神経痛の人はほとんどの人が症状のある側の梨状筋が固くなっています。これを緩めることで坐骨神経痛の症状が大幅に軽減することも珍しくありません。梨状筋はお尻の筋肉ですが連動のある腰の筋肉や肩の筋肉、手足の筋肉などが固くなる原因です。原因となる筋肉(ツボ)を鍼で緩めます。

 

腰椎の問題

腰椎の動きの固さがあると脚の神経痛の原因になります。

 

股関節の問題

股関節周辺の筋肉が固まり動きが悪くなっていると痺れの原因になることがあります。

 

坐骨神経の走行周辺の脚の筋肉

坐骨神経はお尻から太ももの後ろ、膝の辺りで前後に分かれ足の甲と脚の裏に繋がります。主に太ももの裏側、すね、ふくらはぎの筋肉を緩めることで症状が軽減します。

 

それ以外の原因

上記の4つの問題が主ですが、治療を進めて行った結果、梨状筋の固さが肩こりに原因があるとかお腹の固さに原因がある場合などもあります。他のものに関しても同様で、全身が連動して人間の体は動いているので全体を観察しながら一つ一つ原因を取り除いていくことになります。

 

 

当院の治療実績:坐骨神経痛の症例

  • 0182-36-6036
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2019年8月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【秋田県】
    横手市 湯沢市 大仙市 美郷町 羽後町 秋田市

    【岩手県】
    西和賀町

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り